交換対応してくれる券種

交換対応してくれる券種

交換対応してくれる券種 外貨両替時に、特定の券種が欲しいと思うこともあるでしょう。例えば枚数を少なくするためにできるだけ額面金額の大きいお札が欲しいとか、逆に現地での使い勝手の良さを考慮してできるだけ額面の小さいお札が欲しいといったことです。このような希望にはどこまで応じてくれるのでしょうか。
これは結局のところ外貨両替ショップでどれだけの種類のお札を準備しているかによります。国によってお札は異なりますし、その国の中でも複数の額面のお札が発行されているのが普通ですから、全ての国の全ての種類のお札を準備しておくのはあまりに負荷が大きすぎます。そのため、ある程度は種類を絞らざるを得ないという現実があるからです。
ということで、どんな場合にもある程度柔軟に対応できるように、使わなくてもあまり大きな問題のない券種については全く取り扱いのないショップもあります。そういう場合はそれよりも大きい額面のお札、あるいは小さい額面のお札で代用してもらうしかありません。

外貨両替は国によって強い基軸通貨が異なる

外貨両替は国によって強い基軸通貨が異なる 外貨両替の注意点についてですが、国によって強い通貨が異なるという点にあります。現在、基軸通貨と言われているのは米ドル、日本円、ユーロ、そして中国元が最近仲間入りしたことは記憶に新しいです。確かにローカルカレンシーに比べると強い通貨ではありますが、どこでもその強さが通じるというわけではないのでローカルカレンシーへの両替をする際には注意が必要です。
アジア方面ではだいたいドルを持っていけば外貨両替に困ることは殆どありません。日本円でも替えてくれるところもありますが、やはり米ドルのほうが優位であることは変わらないのです。他方、アフリカ方面では旧フランスの植民地だったところが多いことから、ユーロが優位になります。
また、カンボジアなどの現地通貨に信頼がないところでは、米ドルがそのまま流通しているので、米ドルを持っていけば現地通貨に替える必要なく旅行をすることができます。このように場所によって強い基軸通貨が異なります。

新着情報

◎2018/10/3

交換対応してくれる券種
の情報を更新しました。

◎2018/8/6

コンビニで外貨両替ができる
の情報を更新しました。

◎2018/6/6

LINEでの外貨両替
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

金券ショップで外貨両替
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

外貨両替手数料で損したくない!
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました