外貨両替の流れをご紹介!

旅行や出張などで海外に行く際には、日本のお金を海外の通貨に両替する必要があります。
こういった外貨両替というのは、出国する際に空港や銀行などで行うのが一般的かもしれませんが、最近はインターネットからでも申し込めるサービスも増えていますから、自宅にいながら外貨を届けてもらうことも可能となっています。
出国直前に両替をしようと思っていても、混雑していれば飛行機に乗り遅れるリスクもありますから、事前にインターネットを利用して両替をしておくというのもおすすめの方法です。

外貨両替をインターネットで行なう流れ

外貨両替をインターネットで行なう流れ インターネットを利用して外貨両替をする流れとしては、注文フォームから氏名や住所、連絡先、取引金額を入力し、当日のレートで計算された金額を確認して、注文ボタンを押すだけで注文は完了します。
インターネットで申し込み後、最短で翌日午後までに外貨を指定の自宅や勤務先に届けてもらうことができますから、急な出張や旅行などで外貨両替をする時間がないという場合でも便利に利用することができます。
特に、近所に銀行や両替所がない場合や、営業時間に間に合わない、空港で出発時間ぎりぎりになってしまうのは避けたい、現地で両替するのは不安という人にはおすすめです。
インターネットを利用した外貨両替サービスは、通常24時間、土日祝の受け取りも可能となっていますから、大変便利です。

外貨両替を店頭で行なう流れ

外貨両替を店頭で行なう流れ 近年は海外旅行をする人が増えてきています。これに伴って日本円を外国の通貨に変換する外貨両替も盛んに行われています。
渡航先においては日本円は使用できませんので、海外旅行をするにあたっては必ずこのミッションを行う必要があります。
日本では銀行や郵便局といった金融機関のほか、空港の両替専門店や金券ショップなど、多くの店舗において外貨両替をすることが可能となっています。
最も利用の多いのが金融機関における店頭での外貨両替で、安心して両替ができる点がその理由と言えます。
金融機関の店頭で行う場合、まず必要な持ち物として運転免許証、パスポート及び両替に必要な現金(日本円)を準備しておく必要があります。
運転免許証やパスポートについては金融機関によっては提示を求められない場合もありますが、念のため持っておいたほうが無難と言えます。
そして窓口において外貨両替をしたい旨を伝えると、窓口から両替の申込書の用紙を渡されますので、それに必要事項を記載していきます。
記載ができたら先述の持ち物を添えて申込書を窓口に渡します。窓口において記載事項の確認を行い、問題が無ければ直ちに処理に移ります。
概ね10分程度で処理は完了し、外貨額を受け取ることとなります。

新着情報

◎2018/10/3

交換対応してくれる券種
の情報を更新しました。

◎2018/8/6

コンビニで外貨両替ができる
の情報を更新しました。

◎2018/6/6

LINEでの外貨両替
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

金券ショップで外貨両替
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

外貨両替手数料で損したくない!
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました